nabecom.com

なべこの、なべこのための、なべこによるBlog。"愛は食卓にある"

新妻なべこのマルタ留学〜ドバイそしてチュニジア、まさかのビジネスシート編〜

今日も今日とて

 

 

プールかな。

 

 

 

 

二日連チャンにてSwimming。

今日は愛しのゆうくんと、ゆうくんママと

プールで遊ぶ約束してたので、

学校帰りにスリーマへ。

(こちらの親子さんに関しては後日ゆっくり書くとしよう)

 

 

学校帰りにプールで遊ぶ約束なんて

小学生みたいで、なんだかすんごくこそばゆく楽しい。

こんな人生の夏休みくれた旦那さんに改めて感謝です。

 

 

 

マルタにいると

老若男女みーんな海かプールにいるし

おばあちゃんもビキニでがんがんに太陽浴びて気持ちよさそう。

いい国だなあ。

 

 
 
さて

 

時間経過がしっちゃかめっちゃかですけど

気にせず更新。

 

思い出すままに、気の向くままに。

 

 

 

無事、成田より出国し、まずは経由地ドバイへ。

初のエミレーツはよかったです。

よかったって言っても、どこでも寝られるわたし基準なので

あまり信憑性はありませんが。。

 

 

ちなみに、席は真ん中4列の2番目。

決していいとは言えない席でしたが、まあ一人なんでね。

なんでもいいんですよ。(あばうと)

でもエコノミーでも、

靴下と歯磨きとアイマスクセットがついていたし

いい方じゃないかなあ。

他がわからないから、あれですけど。

 

 

 

でも強いて言うなら寒かった!

もともと寒がりなので、上着はもちろん持っていったけれど

隣のおばさまも相当寒かったみたいで

何度かCAさんに言ったのだけど、なかなか対応してもらえず。。

 

おばさまに至っては、食事もってきたイケメンCAさん(男)に

「赤ワインを飲めば温まりますよ、ハハッ」って言われて

ブチ切れてた。(隣にいるわたしがびびった)

 

 

 

映画もそこそこに、さっさと寝て。

食べて、寝て、食べて、寝たら

 

 

 

 

 

 

 

バイ着きました。

 

 

 

 

 

 

バイ空港は聞いてはいたけど広い広い。

 

まーっすぐ歩き続けて

やっと乗り換え手続きへ。

あまりに歩くから途中不安になったのだけど、

まわりの人も黙々と歩くから、黙々と歩いてたら着きました。

よかった。

 

無事さくっと手続き終えると、

搭乗口までまた歩く、歩く、、

 

早朝だってのに、ドバイの空港は免税店からちいさなドラッグストアまで

けっこうやってました。

 

無事、搭乗口に着くと

乗り換えの人々がみーんな寝て待ってるんだけど、

 

半数は床だね。

 

「外国だし」と思ってあまり気にしなかったんだけど

後々びっくりしたのが、

このあとマルタの語学スクールで出会い、仲良くなった

よしこさんがここの床で寝てたという事実。

さすがや。

この方に関しても後日、更新せねば。

 

 

 

そして、定刻通りに搭乗、出発。

 

席は運がいいことに、1列めの3人席だったんだけど

隣には20歳の大学生、その隣にはなんと15歳の中学生が。

二人とも学校のお休みを利用して短期留学。

わたしのことを軽くお話しすると

「いいなあ!大人になっても留学とか海外に来れるんですね!」って。

 

うん、ね、来ちゃったね。おねーさんもびっくりだ。

でも、大人の方が自分次第でなんでもできるかもね、

だから、大人になるの楽しんでね、おねーさんも楽しんでるよ!

ってお話ししました。

 

 

 

 

 

そしてまた寝て、ご飯食べて、ぼーっとして、軽食食べて

(いったい何食食べさすの、、、)

 

 

 

 

 

 

 

着いた。チュニジア

 

 

 

 

 

そーなんです、噂には聞いてたけど

バイ経由だと、一旦チュニジアに降り立つらしいんですよね。

 

 

 

 

ここで、降りる人を降ろして

そして、マルタへ。

人をさくっと降ろすだけかと思いきや

なんと機内清掃スタート!

(どんだけ待たすの、、、)

そんな風に3人で思っていると

突如目の前に現れたエミレーツ美女。

 

 

『ハァーイ、ガールズ!元気?ビジネスシートが空いたの。

もしよかったら荷物もって移動して〜♪』

 

 

 

 

 

 

 

まじか!!!!!

 

 

 

 

なにがなんだかよくわかんないまま、

荷物もって移動するわたし達3人。

 

他にも空席あったけど、

声かけられてたのはわたし達だけだったみたい。

 

わお!ラッキー!

 

 

 

 

仕事やめたのに

初ビジネス!しかもエミレーツ

人生初のフルフラットシート!

 

 

まぁでもチュニジアからマルタって一瞬なんですね。

(たぶん1時間なかったような、、、)

 

 

離陸着陸で戻されるので、

フルフラット本当に一瞬。

なんなら、ちょっと体操に近い。

 

 

まぁいいのです。

この一瞬のエクスペリエンスが重要なのです。

(さすが元ス◯ーバックス店員は言うことが違う、と誰か言ってくれ。)

 

 

 

そして、とんでもなく急かされて

ビジネス軽食を食べ、というか拝んで。

(たぶん実質5分ない。時間ないなら、わざわざクロスひかなくてもいいのに、、、)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、マルタ!

 

ちなみに、飛行機から見たマルタの感想は

 

 

「東京都23区って広くない?!」

 

 

です。

(マルタは東京都23区の半分といわれています。)

 

 

 

そして、びっくりするくらい簡単に入国し

(いいのかEU、、、)

 

無事、語学学校のスタッフさんの元へ。

 

 

 

名前を確認されて、ふりわけられ

8名前後のチームでドライバーさんについていく。

車に乗り込み、それぞれのステイ先へ。

 

 

 

 

車から見る景色はなんといっていいかわからない。

 

砂漠のような、遺跡のような、

ヨーロッパ建築にサボテン、そして砂埃、運転の荒いドライバー達、、

なんとも異文化な空気にただただ目を奪われて

気づけばわたしのステイ先へ。

 

 

 

 

この街で半年暮らす。

 

 

 

 

改めての決意を吸い込み

ゆっくりと息を吐き出す。

 

 

 

そんなマルタ初日。